社員インタビュー/システムエンジニア

interview_SE_main

Q:現在のお仕事内容を教えて下さい
システムエンジニアとして、幅広い業務を行っています。
案件の規模により異なりますが、大きな案件では要件定義のみ、小規模案件ではプログラミングまで行う事もあります。
これまでの実績として、某外資系生命保険会社様からのオーダーで、CRMであるSalesforceとミドルウェア製品であるDataSpiderのデータ連携の設計、スクリプト開発、ドキュメント作成などを担当しました。
また更に別の外資系生命保険会社で、Excel、Accessを使ってデータをまとめて分析したり報告の為の帳票を出力したりするEUCツールを開発しました。

Q:車さんの場合、韓国から東京というハードルもありましたか?
将来は海外で働きたい、とおぼろげに考えていました。韓国の大学を卒業して、その後兵役。
役務が明けたところで政府機関である情報通信部の「アカデミー」でIT関係のスキルと語学を学ぶ機会を得ました。
この時、海外で働く事を現実のものとして考え、日本語を学び日本での就業を目指しました。

日本を選んだのはまずアジアを代表する経済大国である事。そして物理的に近く、文化的な近さも感じていた為、親近感を持っていました。
例えば、お米、鍋、焼肉といった食はもちろん、言語の文法、儒教思想などです。
とはいえ友達や先輩にいろいろ話を聞いてみると「似てるけど違う事もたくさんある」と。
経験する事がとにかく大切で、まずは経験しようよ、良い所いっぱいあるよ、と。

そうこうしているうちに、知り合いのつてで、「韓国でビジネスを始める日本企業がエンジニアの募集をしている」という情報が入ってきました。
これが当社のソウルコンサルティングセンター(通称:SCC)開設のタイミングで、私は立上げメンバーとして運良く採用されました。
ミッションは韓国内の生命保険業界へ、DataSpiderの拡販と、納品済みのお客様に対する追加開発業務。
分からない事も多く苦労もしましたが、新しい経験は私にとってとても楽しくやりがいのあるもので良い機会に恵まれたと思っています。
この当時、東京勤務を前提にはされておらず、採用はあくまで韓国ローカル。
でも「東京勤務も可能性はある」と聞いていたので、実はひそかに期待していました。

1年半が経ち、代表の末廣から「東京で働いてみない?」と突然の声掛けがありました。
エッ!という気持ちとオオ~!という気持ちが同時に湧き、ちょっと興奮状態になりながら二つ返事で「行きます!」と返事をしました。

日本で働きたい。働ける。期待が膨らむ半面、でも異国だし、行った事の無い国だしと正直不安もありました。
一番の心配事は日本語。仕事柄、ある程度のコミュニケーションはとっていましたが、韓国を離れ日本で仕事をする事になれば、日本語を使う頻度が増え、質も要求される事になります。当時も話す事はできましたが正直あまりうまくない。ビジネスの場で使えるかどうかがとても不安だったんです。

interview_SE_01

Q:東京のオフィスに転勤されて、実際どうでしたか?
東京のオフィスは当然日本人ばかり。同じ会社ながらソウルコンサルティングセンターと大きく異なる環境に正直ドキドキしていましたが、みんな歓迎してくれました。
テトラでは社員同士の繋がりがまるで「家族・兄弟」。韓国と同じかそれ以上の温かさがあります。
例えば社長。会社で一番偉い人ですが、まるで兄の様で、私は弟という感じ。社員の間ではいい意味で厳しい上下関係というものが無く、フラット。日常的なコミュニケーションのスタンスも気安く話しかけてくれますし、「困ったことがあればいつでも言ってくれよ」「本当にいつでも言ってね」と常にオープン。実際に相談に行ってもじっくりと時間を取って話を聞いて、一緒に悩んでくれます。
これは韓国から来た私に対して特別な対応をしているのではなくテトラの日常で、メンバー全員がそういう感覚をもってお互いにとって良い関係性を作っています。会議やミーティングの場で、誰でも発言しやすい環境ができていますし、様々な意見を尊重する風土があるので、物事を多面的・多角的に見れるようになったと感じています。

Q:いい話ばっかりも何なので、何か「会社の悪い所」とか、「黒いネタ」を下さい
いやあ・・・無いですね(キッパリ)。う~ん・・・・・・・・・本当に無いですね(再度キッパリ)。
本当にこの会社は「人」を大事に、大切にします。会社は私にとって、帰るべき場所ですね。

Q:今後の目標、取り組みたい事は?
私達は生命保険会社様と直接のお取引をさせて頂いているので、納品するシステムの直ユーザーから生の声が聞けます。自分の提案・納品したシステムがユーザー企業が求めた以上の物だった場合、「すごく便利になったよ」「ありがとう!」と言って頂く事があって、これが仕事をする上での大きな励みになっています。

人の役に立つ、喜んでもらえる事が仕事って、いいですよね。そういう機会を増やすために、提案・開発力のスキルをもっともっと上げたいですし、ユーザー目線で仕事を考える能力をより高めていきたいと思っています。

interview_BA
interview_ITA